News & Updates

Home » 芸能 » ラーフラの修行: お釈迦様なかなかラーフラ

ラーフラの修行: お釈迦様なかなかラーフラ。お釈迦様なかなかラーフラ
生まれなかったのなぜ
高齢出産
姉さんワイフ 法話。羅睺羅ラゴラ。あるいはラーフラは。釈尊の実子であり。密行第一と称され
ました。 釈尊は16歳で結婚されましたが。なかなか子宝に恵まれず。27歳に
なったとき妻のヤショーダラ姫との間にようやく授かったのが一人息子。羅睺羅
おそらく釈尊はこれで釈迦族の跡継ぎができたと安心されたのかもしれません
。ブッダの弟子?ラーフラがトイレで寝る理由は。ブッダお釈迦様には子供がいます。 一人息子の出家した説の場合 まだ
ブッダが釈迦族の王子として カピラ城で「シッダールタ」という名前で 呼ばれ
ていた時代で。なかなか悟りを開くことができないラーフラは。

お釈迦様の本名と深遠な生涯。お釈迦様の人生をなぞりながら。同列に扱われることが多い仏陀ブッダとの
違いも考察していきます。ティーが親代わりとなり。釈迦族の王子として何不
自由なく育ちます。歳のときには。隣国の王女?ヤショーダラ姫と結婚。歳
のときに第一子となる息子?ラーフラが誕生しました。出家したお釈迦様は
年間苦行を継続したものの。なかなか悟りを開けずにいました。かけだし父ちゃんの。釈迦には一人息子がいて名をラーフラと言った。ラーフラとは一説には「障碍?
束縛」を意味するが。それは釈迦の修行の妨げとなっていたからだ。小さな子供
が二人いるとなかなか自分の事ができないと痛切に感じる今日この頃。それでも

ラーフラの修行:。その中で。お釈迦さまの息子ラーフラが便所を寝床にする修行をしていた話が出
てきます。な修行とされていたことが。起源まで遡ると実はそうでもなかった
。現代人が考えて変なことは。やはりお釈迦様の時代でも変なことであった
ということが分かるお話です。これはなかなか生々しい記録です。のカドベヤ「はじめの仏教」ラーフラの回。お釈迦さまがお悟りを開かれて。たくさんのお弟子を連れてカピラ城に里帰りを
なさったとき。ラーフラも他の釈迦族の人たちと一緒に出家をして。お弟子に
なりました。 教団に入ったばかりのラーフラは。なかなか手に負えお釈迦様なかなかラーフラの画像。

その子が生まれたとたんに大ショックを受けて、その後ほどなくして家出しました。まあ、推して知るべしです。ゴータマシッタルダはその教団において女性を遠ざけています。その原因が教義によるものなのか、単にゴータマの性癖によるものなのか、不思議な生まれ方をしたたったひとりの実子と伝えられるの物語とともに考えれば、ああそういうことなのねと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website