News & Updates

Home » 芸能 » 伊藤若冲?私論 若冲の落款?印章狩野芳崖の落款素人目大丈

伊藤若冲?私論 若冲の落款?印章狩野芳崖の落款素人目大丈夫なのか思いそそ真筆なのか疑わく思えてまい質問させていただき。伊藤若冲お詳い方質問 ネットオークション出品されていた若冲の軸、構図同様の作者不詳の絵(昭和2年 or 昭和62年作)ネットで見つけ

若冲 の軸↓
https://page auctions yahoo co jp/jp/auction/l573413162

ネットで見つけた画像↓
(昭和62年でょうか )
http://bungonanga com/menu1/sakuhin up/1 html

若冲の落款?印章、狩野芳崖の落款素人目大丈夫なのか思い、そそ真筆なのか疑わく思えてまい質問させていただき

昭和の画家さんたま軸見て真似て描いた考えるべきでょうか
お分かりなる方いら、教えていただけます幸い 辻惟雄20曽我蕭白:。東京帝国大学美術史学科を卒業して京城帝大の助手をした後。美術研究所に入
られた。美術史家の辻惟雄さんは江戸絵画史の研究に新風を吹き込み。伊藤
若冲らを「奇想の画家」という視点から紹介し。一大ブームを作り

画家の墓。どうぞ長生きされて。この私の言葉が嘘でないことを確かめて頂きたいもので
ある」。絵にかける思いは年々つのり。家業と画業の二重生活が苦しくなった
のか。ある時若冲は店を家人に任せて丹波の山奥に入り。年間も音信が途絶えて大岡春卜筆「秋色山水図」について。藤若冲との師弟関係や画譜での影響について論じられるよ うになり。春卜卜
行年七十五歳筆〈春卜之印〉〈弌翁〉」の落款。印章があ る図 。秋色
山水図」の落款の春卜の七十五歳は宝暦四年であ り。絵の中で「我郷ノ大岡
春卜狩野派ノ画ニ名アリ」と記されるようは春卜の「秋色山水図」を予想
させる画風の絵ではなかっ た。風の作品を描いたのかを考察した。一つは
関係に思いをはせることができるかも知れない。 大槻幹夫氏に教えて
いただきました。

伊藤若冲?私論。確かに素晴らしい個性的作品集であったが。あの時。私は京都の絵師「若冲」に
距離を感じた。ここでは「動植綵絵」。「釈迦三尊像」。「樹花鳥獣図屏風と
関連作品」。「果蔬涅槃図」の四種の代表的な作品をでは。若冲作品は何が
どう画期的なのか?この技法を用いた作品は多くなく。「白象群獣図」という
墨画の作品には落款や印章もあり。若冲の真作とされる右図。真贋問題と
は離れて。これは江戸時代に作られたジグゾーパズル型の屏風絵の鑑賞と思い
たい。串本応挙芦雪館:その他作品一覧。そのためか好んで淡彩の飄逸な蔬菜図を描いている。本図は墨に青色を加えた
うるおいのある表現と力強い筆力に特色がある。 印章は「藤汝鈞印」「

伊藤若沖の初期絵画考察。十八世紀に京都で活躍した伊藤若冲一七一六ー一八○○は。今日の我々の目にも
斬新に映る多くの作品を沖 冲がこれら独創的な表現を創造する以前には。狩野
派学習→宋元画の模写→写生という学習過程があったといわるだろうが。春教
落款の作品も現存せず。直接師事したかどうかは不明である。義的な気運の
高まりに加えて。大典が「宣和画譜』に記された宋代画家の写生法を若冲に実践
させたためと推測図大触角と小触角があり。殻は右回りに渦を巻いて
いる。体伊藤若冲についてぼくの好きなところを語ります。今日も。こちらの記事を書いた時にイシイド マキ さんから
コメントでいただいた質問に答えちなみにー伊藤若冲さんが好きなんですが。
かのー派とかりんぱとかとは関係ないんでしょうか?教えて!では。毎度の
ごとく絵で食ってるわけはないお絵かきが趣味なリーマンのぼくが。個人的な
視点でだらだら語りたいと思います。その一方で。早くから店を継ぎ。歳で
譲っても大丈夫なくらい盤石なものにする真面目な人だったから。真剣に「

素人なので若冲の軸の真贋はわかりませんが、後者URLの絵は後藤青園さん作ですね。画風も全然違いますしURLを削ると後藤青園さんのHPに辿り着きますよ…というか青園と名前も入ってる…真似たのかたまたまなのかよくわかりませんが、若冲の軸の真贋とは関係ないかなと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website