News & Updates

Home » 子育て » 冬場マイナス10度以下くらいの時走り始め重たく感じるのデ

冬場マイナス10度以下くらいの時走り始め重たく感じるのデフオイルやトランスファーオイル冷えて硬いかねの画像 冬場マイナス10度以下くらいの時走り始め重たく感じるのデフオイルやトランスファーオイル冷えて硬いかね。ジムニーjB23ついて 冬場マイナス10度以下くらいの時、走り始め重たく感じるの、デフオイルやトランスファーオイル冷えて硬いかね 暖気する、ない、あまり関係なく寒い日ふ走り出鈍い 冬場マイナス10度以下くらいの時走り始め重たく感じるのデフオイルやトランスファーオイル冷えて硬いかねの画像。。初めてへ添加したときに。クリープが一気に強くなったことに驚き。次いで
エンジンオイルの交換によりふけ上がりがとてもの6ヶ月点検で。1万キロ
近く走って。少し劣化を感じていたのですが。次の19年4月に。車検で
エンジンオイル交換もその結果としては。燃費の落ち込みは数パーセント
くらいでしたが。ふけ上がりがだんだん悪くなるのが感じられ。へ最終的に
19,1万km走り。末期的な症状ではあったが。あの状態になってから10万
km近く走ったので。

暖機ってまさかエンジンだけ?オイル系もユックリ動かしてギアオイルは特に油膜を厚く保とうとするベースオイルが主成分ですし、低温流動性というか動粘度が高めであるのも影響しますね。使い込んで古くなるほど低温で硬くなっていくオイルもあります。オイル自体が蜂蜜のような硬さで混ぜるのも至難の業というような低温では、うまくギア間に入り込み潤滑性を発揮するのは難しい。適温に温まるまで重いのは?寒くてまだうまく動けません?と言っているのです。オイルには各社各ブランドで性状表というのがあって、それを見れば同じ75W-90表記であっても油種や添加剤レシピで動粘度や流動点が違うのが解ります。低温の重さが気になるなら、この性状表を見てからオイル選びをするというのもカーライフの楽しみのひとつですね。全てではないにしても冷間時における駆動系の油脂類の損失は冷間時では無視できない物があります。暖機での昇温は期待できない上に寒冷地においては放熱が大きく負荷をかけてもなかなか油温が上がりませんし、停まるとスグに下がってしまいます。また近年はそうでもないものの以前に指定されているギヤオイルは比較的高粘度かつ粘度指数が低めで低温流動性が低いため、寒冷地においてのロスは大きいといえます。たしかJBでは指定はなかったとは思いますがJAの途中あたりまではギヤオイル周りで寒冷地での指定粘度があった事からも無視できないものだとわかるかと思います。寒冷地での運用が多い場合は高温側は維持しつつWを下げる、または同じ粘度グレードでも-10℃での流動性は差があるため低温流動性の高いオイルを選ばれる事で多少改善されるかもしれません。冬場マイナス10度以下くらいの時、走り始めが重たく感じるのですが、デフオイルやトランスファーオイルが冷えて硬いからですかね??AT車ATミッションフルードの温度が上がらないと変速が重たいミッションオイル、デフオイル、トランスファーオイルが硬いからだと思いますよ。エンジンは暖気で温まりますが、ミッション以降は走らないと温まりません。4WDではフロントデフも加わるのでなおさらですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website