News & Updates

Home » 科学 » 分子に含まれる原子の個数を求める問題の解き方 6L含まれ

分子に含まれる原子の個数を求める問題の解き方 6L含まれるすべての原子の総数個か。化学基礎の問題の計算方法 標準状態で二酸化窒素NO2 5 6L含まれるすべての原子の総数個か 答え4 5×10^23個 化学I。, 元素の原子量は,質量数 の炭素原子個の質量を と定め,これを基準
とした各原子個の相対質量である。, グルコースブドウ糖の
分子中に含まれる炭素原子,水素原子,酸素原子の物質量[]はそれぞれ
ただし,アボガドロ定数は×/とし,気体の体積は標準状態で考えよ。物質量。二酸化炭素 に含まれる二酸化炭素分子の数は何個か。また,酸素
原子また,物質=アボガドロ数個の質量はその物質の分子量や式量に
をつけた値になる。この当たり 水素原子 ×個 鉄原子
×個 水分子気体はすべて標準状態のものとする。アボガドロ

分子に含まれる原子の個数を求める問題の解き方。水分子に含まれる水素原子?酸素原子の数をそれぞれ
求めよ。 今回のにアボガドロ定数×コ/をかければ個数が出て
くるね!この分子1つに各原子が何個含まれるかを考える

1.00molの理想気体の体積は標準状態で22.4Lなので、5.6Lの物質量は5.6/22.4=0.25molとなります。二酸化窒素は窒素原子1個と酸素原子2個の合計3個の原子からできていて、1.0molの粒子の数はアボガドロ定数6.0×10^23個なので、二酸化窒素0.25molの原子の総数は、0.25×3×6.0×10^23=4.5×10^23個となります。5.6 ÷ 22.4 =0.15 molNO2を構成する原子はN:2つ O:1つよって0.25×3×6.0×10^23=4.5×10^23 個になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website