News & Updates

Home » 子育て » 否定しないが大原則 認知症の同じこ度言う行動付き合いきれ

否定しないが大原則 認知症の同じこ度言う行動付き合いきれません。認知症の同じこ度言う行動付き合いきれません 皆さんどう対処て 気狂いそう 認知症の方との接し方。上手に付き合って。認知症の進行を抑えましょう。本当は助けて欲しいけど
言い出せないジレンマの中で。家族など身近の人に失敗などを怒られることが
続けば。不安感や恐怖感などから強いストレスがかかり。本人が安心して
落ち着ける場。雰囲気作りを行いストレスをかけないよう心がけるだけで。認知
症症状や問題行動などを和らげることができるでしょう。私たちも難しい話し
よりも。ちゃんと自分の話しを聞いてくれる方のほうが。接しやすいのは同じだ
と思います。認知症初期の母の言動が許せず手を上げてしまい落ち込んでいます。優しく寄り添っていこうと思うのですが。私の言うことを聞き入れてくれず。人
が変わったようにすごい形相で食ってかかるので。私もつい手が出てしまいます
。うつ状態になり。「母の首を絞めて。自分も死んでしまいたい」と何度も
思い。行動に移しかけたこともありました。暴言や拒否が続くと。介護者も
精神的にダメージを受け。長期化すると本人ともども危険な状況にもなりかね
ません。

早期発見認知症の進行のしかた。すでに認知症をもつ人も。まだ認知症をもたない人も。全ての人が認知症
とともに歩み。支え合う「おたがいさまの社会」をもの忘れ ?同じ話を
繰り返す?約束をすっぽかす?ゴミの回収日を守らなくなる?同じものを不必要
に何度も買ってくる?こうした認知症の症状は大きく「中核症状」と「行動?
心理症状周辺症状」に分けることができます。可能性はありますが。症状
には複雑で幅広い要因が絡み合っており。確実に「適切なケアで防げる」とは
言い切れません。認知症の正しい接し方間違った接し方は症状を悪化させること。認知症の方へ接し方がわかったところで。次は具体的な行動の対処法を説明して
いきます。 同じことを繰り返し何度も話す場合 認知症の方が同じ話を繰り返す
のは。話したこと自体を忘れているためですと否定してはいけません。

「認知症で同じことを何度も尋ねてくる。認知症の方を介護している方のなかには。「何度も同じことを尋ねられて困る…
何度も尋ねてしまう原因; 不安を煽らない対応が大切; 安心してもらうための
対応方法; 不安を感じる事は当たり前の心理 認知症の方を保続”という症状は。
脳の損傷などによって思考の切り替えができなくなるため。同じ言葉や行動を
繰り返してしまいます。ほかの入居者と上手に付き合うためには?同じ行動を繰り返す「前頭側頭型認知症」。一部の介護施設や医療機関で行われていますが。家庭でも行うことができます。
これは。生活していく上で困る常同行動を。日常生活に支障を来さないものに
置き換えていく方法です

「否定しない」が大原則。認知症の症状が進行している方には。普段の私たちからは理解できないような
言動。行動が見られるようになり否定して本人が間違いを認知できるうちは
いいですが。同じことを何度も繰り返し聞くなど改善が見られない家族が認知症になったとき。認知症の初期は。ご自身だけでなく。ご家族も認知症を認めたくない傾向が
あります。つまり。家族がよかれと思って言ったことでも。認知症の本人
にとっては。「私が食器を洗ってあげているのに。なんで文句ばかり言うんだ
ろう」狭い空間で。少ない家族と四六時中。一緒に過ごし。同じことを
繰り返し言ったり。聞かれたりするようになるつまり。若いうちにどれだけご
近所付き合いをうまくやってきたか。地域に貢献してきたかということも大切に
なっ

イライラして気が狂いそうな気持ちよくわかります。同じことをいう理由として記憶障害正確には近時記憶障害によって新しいもの、新しい人、新しい話題、最近のエピソードなどを頭の中で記録しづらかったり思い出しにくくなっていることが原因かと思われます。もし自分がすぐに新しい記憶が消えるリセットする世界にいたと想像してみましょう。その世界はとても恐ろしい世界かと思います。認知症の方は起きている間ずっとその世界に生きており不安と闘っています。不安であるが故、同じことを何度もいう場合も多いです。その時あなたが気持ちのいい返答をしてくれれば認知症の方の不安な気持ちも少しは和らぐと思います。しかし身内の方で何度も何度も同じことを言われればさすがにイライラします。人がイライラする原因は自分が無意識に描いているイメージこうあって欲しいと目の前の現実がズレることにあります。この時、人にバカにされたり人に負けたりした時と同じ感情劣等感が生まれてきます。劣等感を感じた人間は必ず優越感を得るために相手より上にいこうとします。それが怒って威圧するなどの行動につながります。病前の本人を知らない他人が介護する場合と病前の本人を知っている身内の方が介護する場合でイライラの度合いが大幅に変わってきます。今回の場合だと身内で病前の普通に生活していた本人の姿同じことを何度も言わないと現在の本人の姿同じことを何度も言うのギャップ。また同じことを何度も言う仕組みがイメージしづらかったことがイライラにつながっています。イライラを減らすには自分の思い描いているイメージ理想=何度も同じことを言わないを現実絶対何度も同じことを言うからしょうがないに近づけることが大事で少しはイライラ軽減することができます。相手の言動や行動を予想してみて予想通りの反応が出れば当たりなどゲーム感覚でやってみるのも手です。これだけ色々説明しましたがイライラを0にすることは不可能なので、現実的には5割は「同じこと何度も言わないで!」と怒ってもいいです。残りの5割は病気や自身のイライラの原因、仕組みを理解し我慢してください。教科書的には10割我慢して認知症の人に合わせることが理想となりますが、それでは介護者の気持ちが無視されていることになります。なので5割は思いっきり怒ってもらって大丈夫です。相手も大事ですが自分も大切にしてください。福祉、介護を仕事でしています。仕事上では認知症で、プライベートでは母が無意識下で同じことを繰り返し言うことに付き合っています。仕事の時は5回に1回くらいのペースで、その方が言うであろうことを先に言い、驚かせたり「分かってくれるの?!」と喜ばせたりしています。プライベートの時はもう適当に相槌をうっています。あからさまに、スマホをいじったりもしてしまいます。身内だと難しいですが、相手のリアクションを楽しむつもりで先に話しちゃうのもアリですよきっと。普通に同じ回答を繰り返しますよ!ちなみに身内です。認知症の方もなりたくてなってる訳じゃないのでそれだけは分かってあげてください。辛いのであれば介護施設等に入所するのはどうでしょうか気が狂いそうだけど仕方ないら付き合っています。ほんと困ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website