News & Updates

Home » サークル » 国際移民時代における市民権の問題 移民難民って国籍元の国

国際移民時代における市民権の問題 移民難民って国籍元の国のままか。移民難民って国籍元の国のままか 移動先の国の国籍なるのか 海外居住日本人が直面する国籍法11条1項の壁。欧米ではテロ対策や難民の流入を抑制するため移民を規制する動きが強まって
いる。日本人も居 住国の市民権を取得しない限り国外退去のリスクを抱えて
生きる「移民」であり続けなけれ国際移民時代における市民権の問題。国 民国家への挑戦」 は,「 国際移民の増加 ?多様化」「普遍的人権 の台頭」 に
よ って引 き起 こされ,国 民国家は 「社会統合への不安」エリアン君の難民
としての入国 ?居住 を許可すべ きか どうか二重国籍 を持つ者 も急増 した文
化しないまま,移 民 ?外国人が 「国民」 になることが想定されるからである

国籍としては無国籍か元の国籍のままです。日本が認めるのは政治難民のみで経済難民は認めません。政治難民は国の実権政府に逆らって逃げて来ていますから国籍剥奪されているか、剥奪はないまでもパスポートは発行してもらえないことが多いです。パスポートに替わるものとして難民認定証などで身分を証明します。もちろん、日本に5年以上住んでいて日本に帰化した元難民もいるでしょうが、日本に帰化したら日本人なので、当然のこととしてその瞬間から難民じゃなくなります。国籍国=日本から政治的に迫害されている状態ではなくなるんですから。アメリカだと「市民、移民、外国人」の三区分ですね。市民はもともとアメリカ国籍の人、アメリカ国籍を取得した人日本だと”帰化”した人。移民は永住権を持つ外国人。期限付き在留許可を持っている人は単なる在米外国人。という事だと思います。移民だから国籍取れるまでは外国人扱いです。いわゆる永住権しか無いと思います。移民は、他国で1年以上過ごす人の意味なので元の国のまま難民は国籍離脱出来ないので元の国のままか、二重国籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website