News & Updates

Home » IT » 安田純平さん解放 安田純平さん拉致され行こうてるのか

安田純平さん解放 安田純平さん拉致され行こうてるのか。安田純平さん拉致され行こうてるのか 流石政府出国許可出さないよね 安田純平さん拉致され行こうてるのかの画像。シリアから解放の安田さん。武装勢力に年前拘束された安田純平さんが日夕。帰国した。カタール政府
はこれまでも。シリアの反体制派武装組織に拘束された被害者の救出を支援して
いる。その人。米ジャーナリストのピーター?セオ?安田純平さんが「韓国人のウマル」と言った理由を明らかにした。安田さんは動画サイトに投稿された映像のなかで。「私の名前はウマルです。
韓国人です」「とてもシリアで年に拉致されたジャーナリスト。安田純平
さんが解放され。日本に向かっている。 そのなかで。韓国人です」と述べた
のか理由を明かした。などが報じたによると。安田さんは解放後。
トルコから日本に向かう機内でこう語ったという。 「拘束中に。事情

安田純平さんが語った“拘束”3年4か月の過酷。内戦状態のシリアで年か月拘束されたジャーナリスト?安田純平さんが年
月日に帰国した。週間ほどの入院を経て。安田さん。本当に無事に戻
られて良かったなあと思っているんですけれども。テレビで見ているよりも実際
にお会いし年か月。まずは安田さんがどういう足どり。どういう所を転々と
させられたのか。そこをしっかりと確認していこうと初めから私を拉致する
ということを考えていたら。そんな面倒なことをするとはちょっと思えないです
よね。安田純平さん3年4カ月ぶり解放。年。イラクで解放された安田純平さん写真。ロイター/アフロは。
解放のための身代金支払い情報がある中でカタールとトルコのスポンサーシップ
のもと実行されたことが確認されている。日本政府が負担したのが仲介料な
のか。それとも安田さんを拉致したアル=ヌスラ戦線への身代金なのか。真相は
おそらくシリア内戦でマリーさんに同行。危うく左足を失いそうになった
フォトグラファー。ポール?コンロイ氏は英通信社にこう話しています。

安田純平さん解放か。菅官房長官が発表「本日午後時ごろ。カタールで解放され。現在トルコで保護
されているとみられる」安田純平さん解放。ハタイ県移民管理局は。この人物が年に違法入国したシリアでテロ組織に
拘束された日本人ジャーナリストの安田さんしたシリアで拉致され行方不明と
なっていた日本人のジャーナリスト安田純平さんであることが確認された」と
述べた。 安田さんの救出に関し。軍事的な作戦が行われたのかという質問が出る
と。アタ知事は。軍事的な作戦は何ひとつ行わに解放され。在トルコ日本国
大使館の職員が本人と面会した結果。身元が確認されたことに大きな喜びを感じ
ている。「地獄だった」安田純平さん。シリアで武装組織に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さん
について。河野外務大臣は。現地入りした大使館員が大使館の人間が現地に赴
いて本人と話をしているところだ」と述べ。解放されたのは安田さん本人と確認
したことを明らかにしました。これからどうなるか。どうしていこうか。全く
分からない状況で。その辺の心配はあるんですけども。ー空爆とか激しい3
年間だったと思うんですけど。その間。どのように過ごされていたのか。

今朝記事を見て「はあ?」と思いました。命助けてもらったのに、何言ってんだ?日本に助けてもらったんでしょう?奥さんが天皇の前で歌ったとかそんなコネもあり、大金払って助けられたくせに何訴えてんだよ?ですね。『俺は真実を伝えに危ない紛争地域にだって行くんだ!』って正義感なのかヒーロー気取りなのか。それで毎度拘束され、その結果コイツの為に多くの人が動くわけです。パスポートを発給してやって、また人質になった場合、日本政府は『コイツは過去何度も人質になっているので日本政府としては救出するつもりはありません。放置しときます。』なんてわけにはいかないのです。生活費のために、また捕まりに行ったのでしょう。決して楽な仕事には思えないんですけどね。韓国籍だと自分で言ったのだから、日本のパスポートではなく、韓国のパスポートで行けばいいだけ。ウマルだかオマルだかわからんけど、この様な輩は退去させた方が良い。自由なマスコミは先進国の証。テロリストに怯える自己責任論者は独裁国家へ移民してください!まぁパスポートを発行してやっても良いと思いますね、で再度何処かの紛争地域の現地勢力等に拉致られても日本政府は無視すりゃ良いわけだし確かに国は国民の安全を確保し守る義務がある、って言う声もあるだろうけど流石にあの人については超法規的に無視しても国民の大多数は納得でしょう特例措置で、出国のみのパスポートで我慢してもらうとか、、、日本政府が出国許可を出すとは思えません。安田氏が「日本国憲法違反だ」と主張しても、世論は完全に日本政府につくでしょう。どうしても出て行きたければゴーン氏のように出入国管理法違反で出ることです。そして拉致、拘束されたなら日本政府が見捨てても世論は納得するでしょう。パスポートなしでも、箱の中にでも入って勝手に出国すればいいと思います。自由な国際人でありたいなら、国の庇護など必要ないはずですし。安田は「もう次拘束されても助けなくていい」という一筆を書いて、好きなところに行っていいと思います。こんなトラブルメーカー、日本にいるだけで迷惑です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website