News & Updates

Home » 芸能 » 快晴の朝がたちまち地獄に 日本原爆落されて降伏なかった理

快晴の朝がたちまち地獄に 日本原爆落されて降伏なかった理由精神論か神風吹くか全く関係ないころあったのか。日本原爆落されて降伏なかった理由、精神論か神風吹くか、全く関係ないころあったのか 米国が広島に原爆を落とした理由。74年前の8月6日。米国は広島に原爆を投下し。7万人以上を即死させた。3
日後には2発目の原爆を長崎に時の日本は無条件降伏には応じない構えで。
原爆の威力を見せつけるだけでは不十分だとの懸念があった。だが米軍指導部
は当時の日本のカミカゼ自爆攻撃で精神的に強い衝撃を受け。日本は国家
総動員で祖国を守1963年。ドワイト?アイゼンハワー元大統領は回顧録の
中で原爆の使用を批判し。日本に対して降伏を強いる必要はなかったと第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。だが。希望がない。 村上龍氏著『希望の国のエクソダス』より引用 ※ 国家
の詐術を鶴見さんは。アメリカによる原爆投下にみる。 「原爆はなぜ落とされ
たか。それも二つも。公式にはアメりカ兵の被害を少な くするためとされている

エノラ?ゲイ元航空士が遺した。投下した米爆撃機「エノラ?ゲイ」の搭乗員人のうち。最後の生存者だっ
たセオドア?バンカーク氏が昨年。歳で死去。当時歳で原爆投下機の航空
士を務めた同氏は戦後。原爆と戦争について何を考え。どう生きたのか。修復
され。スミソニアン航空宇宙博物館新館に展示されている「エノラ?ゲイ」
の機体年撮影。米も本土上陸も必要なかったという見解もある」などと
尋ねると。「そういった議論はよく耳にするが。日本が降伏したか「原爆投下によって日本は降伏した」説は本当か。打になった―。これが。原爆投下から年を経た現在でも。アメリカ政府の
公式見解として広く採用されている。二発の原爆投下は日本の降伏の為に必要
だったのか。それとも必要が無かったのか―。これは歴史的こういった理屈は
。すべて後から原爆投下を正当化するために造られた方便言い訳に過ぎない
と考えるのが妥当だ。 ここで原爆しかし。このような日本側の「藁にもすがる
ような」ソ連仲介依頼は。まったく無意味であった。なぜならソ連

快晴の朝がたちまち地獄に。ものだった」。 ではなぜアメリカは。日本の中でも広島と長崎に原爆を投下
することにしたのか。この理由それまで空襲を受けていなかった広島は。原爆
の影響を観察するのに適していた。加えて。広島は軍都でもあっ

原爆を落とされてもなお戦争を継続しようとしていた一番大きな原因は、「責任者が自分の責任を回避しようとして悪あがきしていたから」というところにありました。巨大な物量を揃えて侵攻してきた米軍に対して日本側には勝ち目などは全くなくなっていたのにもかかわらず、陸軍や海軍軍令部が戦争継続に固執していたのは、ポツダム宣言の中に「戦争犯罪人の処罰を連合国側で行う」という文言が入っていたからでしょう。軍事指導者たちは「これまで戦争を主導してきた俺たちは、降伏したら米軍によって縛り首にされてしまうかもしれない」というに事実に恐れおののき、自分が一日でも命を長らえたいがために、国民の命を数万とか数十万とかいう単位ですり潰すだけであろうとも戦争を一日でも長く続けたかったんです。戦争終結に賛成したのは、天皇や首相や外相や海相ですが、彼らは「俺らは戦争に突っ込もうとする流れを止める側だったし、大した処罰を受けることは無いだろう」という読みがあったので降伏に踏み切れたのであろうと思います。どちらにせよ、国民が万単位でボロボロと死んで行っている状況に陥ってなお、自分の命の心配ばかりしている人間たちが国家指導者の地位にいたことが、原爆が落とされても戦争が続いた理由です。何いってんの?降伏したろうがそれとも瞬間にという意味か?それなら君はよほどのアッホということになるが?最も原爆が無くとも降伏はしとったがな陸軍は「対米一撃論」にしがみついていましたから、メンツのために。負けるにしたって、陸軍のメンツを立てる戦果を挙げてからではないと???という、この期に及んでも省益確保に走っていました。このアメリカが講和を願うほどの「対米一撃」の大戦果なんてのは、あり得ないわけで、まあ神風が吹くのを待っているのと同じとはいえます。また、特攻がほとんど効果を期待できなくなっても繰り返されたり、同じ海域で輸送船が次々に沈められても、同じように出航させて、海をアウシュビッツに変えたのも、思考停止してやり続けていれば、いつか何か起きるんではないかという奇跡待ちですので、神風を期待するのとあまり変わらないですね。海軍もおかしくなっていて、大西瀧治郎なぞは「2000万人を特攻隊として繰り出せば戦局挽回できる」と言い出します。これはもう精神論としか言えないでしょう。だから、東條英機は終戦と聞いて徹底抗戦を天皇へ上奏し、あげく、日本人がこんなに簡単に降伏するとは夢にも思わなかったとまで言っちゃうわけですよ。またポツダム宣言受諾を巡る天皇の地位問題にしても、外務省はsubject toを制限におかれると訳したのに対して、陸軍は隷属されると訳して、こんなものは受け入れられないと言い出します。つまり、原爆を落とされているのに、こんなつまらないことで議論というか陸軍の抵抗していたので、降伏の決断にまで紆余曲折があり、時間を浪費してしまったということです。軍や政府の上層部が、まさか神風が吹くのを待ってたってのはあり得ないですね。原爆が落とされる前に発されたポツダム宣言の中に、国体の護持という文言が入っていなかったから、日本はとりあえず黙殺したんですよ。国体の護持とは、天皇としての存在と尊厳をこれまでと同じく扱うということです。戦前の日本の国の在り方って天皇がいなければ成り立ちませんから、天皇の身の保証が確約できなければ降伏ができないということだったんです。結果、原爆が落とされ、満州にソ連軍がなだれ込んできた時点で天皇自らが無条件降伏を決断することによってポツダム宣言を受諾することになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website