News & Updates

Home » 子育て » 核不拡散の起源 なぜなら大量破壊兵器である核兵器の核抑止

核不拡散の起源 なぜなら大量破壊兵器である核兵器の核抑止力なくなるので大国気使っていた国々ぞばかり通常兵器使って戦争起こす思う。核兵器世界無くなった時どういう事起きる思か 自分の意見、第三次世界大戦始まる思 なぜなら、大量破壊兵器である核兵器の核抑止力なくなるので、大国気使っていた国々ぞばかり通常兵器使って戦争起こす思う 、通常兵器、く今で宇宙兵器で核兵器てつない威力持った兵器ば、抑止力なり得るか う1つ質問 実際核兵器威力の強い通常兵器、く宇宙兵器か 2点ついてご意見聞かせてくだい 安全保障貿易管理の歴史と背景。近年では。通常兵器ばかりではなく。核兵器。化学兵器。生物兵器やそれらを
運搬するためのミサイル以下「大量破壊兵器等」という。こうした国際的な
安全保障環境の変化に伴い。世界の安全保障輸出管理のミッションは。大量破壊
兵器等の拡散や通常兵器の過剰な蓄積を防止することであり。しかも懸念国のみ
ならず。非国家主体であるテロリストをも規制が締結され。大量破壊兵器等の
不拡散の観点からそれぞれの加盟国が自国の法令によって輸出規制を行ってい
ます。

核不拡散の起源。に核実験を行ったので。その後は実用可能な核戦力の保有へ着目点が移る。
中国 年に核実験を行オロギー的性格が色濃く反映され。米ソの関心に
支えられて。相互抑止を可能にしていた核兵器の軍事的 な効用を石川卓「
大量破壊兵器の拡散と米国―ポスト冷戦期における不拡散政策と不拡散レジー
核実験を行って核保有に至る過程を踏むことこそが。大国と認められるための
条件である核の危険に直面して。核兵器及びその他の大量破壊兵器の拡散を阻止する国際的な体制は四面楚歌の
状況にある。インド?パキスタンによる核実験は。核兵器の有用性が低下して
いるという見方が必ずしも全ての国により共有されていないこと大量破壊兵器拡散。筆者は大量破壊兵器拡散の研究?教育を行っている米国の研究所での
研修から。拡散問題の重要性を再認識した。この問題がなぜ重要で。どの
ような観点で考えたらよいのか。議論の材料を提供したい。 核兵器。生物兵器。
化学兵器を総称して大量破壊兵器 。以下
という。拡散は。世界の平和ともし化学兵器等のが使用されてい
たら。多国籍軍や周辺国には大きな被害が出たはずである。その場合に多国籍軍
があれ

米国『大量破壊兵器と戦う国家戦略』。大量破壊兵器を開発している国やテロ集団に対して先制攻撃をかける権利や。
生物?化学兵器の使用に対して核兵器で報復いずれにしても。この時期発表
したのは。イラク攻撃を前提にして。イラクに警告を発するという意味合いが
強いのでしょう。ホワイトハウスは一部の報道機関だけにブリーフィングをした
ようで。そのテープ起こしも発表されていません。核を持っていない国には。
核攻撃をかけないと約束していますが。その一方で。米国は。生物兵器や化学
兵器を使ったCPDNP軍縮?不拡散問題講座。大量破壊兵器とテロリストが結びつくという脅威認識が。イラク戦争の大義
あるいは理由とされたという経緯があります。イラクは。クルド人に対しても
化学兵器を使って人が死亡したといわれています。査察が。結果的には
非常にうまく機能してイラクが保有していた大量破壊兵器を壊してしまったので
。実際には存在していなかった」その根拠になったのは。大量破壊兵器がある
から除去する必要があるということではなく。イラクが安保理決議に長年
にわたり繰返し

逆ではないでしょうか?第三次世界大戦が終わって核兵器がなくなるではないでしょうか。次の第三次世界大戦の同盟グループの構成にもよりますが、お互いが核兵器をつぶしあうことによって、核がなくなるという筋書きは可能かと思います。抑止力である核兵器への破壊工作と防衛と平行して通常兵器での戦争がはじまり、終結はお互いの核がなくなったとき。と考えるならば、1破壊工作によって爆発したり、つかえない核兵器より通常兵器に力をそそぐほうが良い2核兵器への破壊工作を上回る防衛能力の開発により抑止力をより高める。戦後の社会状況によってどちらにころぶかはわかりません。戦争ですから核兵器への破壊工作が当然行われることが常識と思えない場合は残念です。大国に気をつかって戦争をおこさないのは日本くらいで他の国は戦争してますよ。イラン?イラク戦争や中国?ベトナム戦争やマケドニア?クロアチアなどの民族戦争やアフリカ各国やアフガンなどなど。そろそろ、第二次朝鮮戦争もはじまるかもしれません。核兵器がどのように無くなるかでその後の世界は変わります。人道主義や平和主義をとなえ世界の人々が賛同して核兵器がなくなるなんて夢物語です。ファンタジーやSFの世界でしょう。ありえません。ありえるとすれば、上記 12の理由くらいでしょうか。他にもあるかもしれませんが思いつきません。そんな方々に言いたいのは日本やアメリカやヨーロッパでなく中国やロシアでまず活動してください。そこであなた方の主張が通り、変化しはじめたら日本やアメリカやヨーロッパで何もしなくてもあ、という間に賛同者が増えるでしょう。核兵器のない世界は、核兵器より効率がよく後遺症の残らない兵器が開発されたらあっというまに核兵器はなくなるでしょう。各国に核兵器をもたせないようにするには条約を破ったときの罰則が必要です。現在のぬるい国連では無理でしょう。罰則のない法律はないのと同じです。ですから国家や地方行政で障碍者のみずましがありながら、反省もせず拡大解釈したなどと平気でいいわけしている例を私たちはすでに知っています。強大な権力を持つ世界政府が必要かもしれません。世界政府の発する罰則に非人道的だと声を上げる人々が出てきて世界政府がたおれ、また今のような時代になり人々はバンザイ!と喜ぶSF映画何回か見たことあります。>実際に核兵器よりも威力の強い通常兵器、もしくは宇宙兵器はありますか?核兵器より効率のよい兵器は今のところまだ考えられていないと思いますが、自然兵器というものが先の大戦から考えられていました。ハリケーンを起こす。地震を起こすなど。最近の中東の紛争でシリア軍使ったと話題になった現在では非人道的であると禁止されている細菌兵器。先の大戦でも、日本?アメリカ双方開発はしていましたが使われませんでした。理由は日本の風船爆弾がジェット気流に乗りアメリカ本土に届いたことにあります。アメリカが恐れたのは、風船爆弾ではなく風船爆弾で細菌をばらまかれることでした。アメリカが使わないので、日本も使いませんでした。抑止力は核兵器だけではありません。総合的な軍事技術にもよっています。日本にかぎって言えば、核兵器よりも富士山活性噴火導誘兵器のほうが効果あるかもしれません。関東も壊滅ですがなにより世界遺産を喪失します。肉体的苦痛もさることながら精神的苦痛もすごく大きい兵器ではないでしょうか。基本的に生じないでしょう。平和や人権意識が各国の指導者に根付いてきているので、安易に人殺しに走ろうとはしません。逆に言えば人権意識の幅広い普及が平和をもたらすでしょう。また、通常兵器で戦争して何をしようというのでしょうか?女性が欲しい?資源が欲しい?お金が欲しい?戦争はお金がかかってしょうがないでしょう。最前者は時代が古いでしょう。多くはお金で解決できる問題で、戦争しない方がいいでしょう。軍事力は世界で一斉に取り払うのがいいでしょう。そのために、民主主義合理主義が進んでいる米軍一強体制の強化がいいかもしれません。また、米国が合理主義であることを世界に示すために畜産廃止がいいでしょう。我々は動物も当然殺さない平和主義であると示せます。※参考Q:畜産廃止は社会を平和にしますか?A:その通りです。著名人も言及しています。「屠殺場がなくならない限り、戦争もなくならない。レオ?トルストイ」ヘルムト?F?カプラン著「死体の晩餐」から引用畜産廃止のまとめ暫定版いまの科学技術を使えば戦闘はあっという間に終わります。通常兵器でも、町全体を焼き尽くすのは一瞬でしょう。でも、人々の心は変えることができません。砂漠のイスラム教徒は街を無人機で焼かれるとキリスト教に心を入れ替えてエロ動画を見ながら酒を飲んで喜ぶ、ようになったりはしないわけです。イラク戦争でも、戦闘は数日で終わりましたが戦後のほうが、アメリカ軍の戦死者が多いです。今でもまだシリアのほうで戦いが続いています。戦争で「勝つ」ってなんだと思いますか?街だけ焼けば、占領できますか?民族、抹殺しますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website