News & Updates

Home » age嬢 » 民事訴訟法 民事訴訟で争う場合行政法の原則適用される

民事訴訟法 民事訴訟で争う場合行政法の原則適用される。職業訓練、給付行政でょうか

民事訴訟で争う場合、行政法の原則適用される 行政法講義ノート第14回。実は。行政事件訴訟法第4条?第条において公法上の当事者訴訟が予定されて
いることから。公法契約と私法契約との分類が全く無意味ではないものとされて
いる但し。土地収用法が利用される場合もあり。会計法?国有財産法?物品
管理法?地方自治法というような特別法が適用される場合もある行政契約を
裁判で争う場合には。原則として。民事訴訟か公法上の当事者訴訟による ことと
なる。行政訴訟と立証責任。討されるべき理由は。一般の民事訴訟の場合と同様な立証責任 分配の原則が行政
事件る争については。私人相互間の自由意思に基いて形成される法まま行政
処分の取消又は変更を求める訴に適用することは許さ れない。と解するのが
当然であるとされ。 更に。行政行為の公定力と には私法上の行為におけるが如き
私的自治の原則は 認められ法に従 れが違法であることを立証しなければ
ならないとするのである い。当事者が訴訟上対等の地位で争うことを認めている
から。

民事訴訟法。第一条 民事訴訟に関する手続については。他の法令に定めるもののほか。この
法律の定めるところによる。 裁判所及び第二十三条 裁判官は。次に掲げる
場合には。その職務の執行から除斥される。ただし。第六号に

給付行政です。行政法の原則とは何を指すか不勉強でよくわかりませんが、公定力などは民事訴訟で争ってもその変更を受けません。それに対し、法律による行政の原理や信義則は、行政法の原則に含まれますが、民事訴訟にも適用されます。関係ないんじゃないの?民事訴訟で争う場合って、何があったか知らんけど、その内容の方が気になるわい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website