News & Updates

Home » サークル » 水素と水素活用技術に訪れる好機 『再エネ水素近いうち未開

水素と水素活用技術に訪れる好機 『再エネ水素近いうち未開拓の多くの用途って最安価でクリーンな水素供給オプションなるであろう』水素以外エネルギー必要無くなる事か。以下の自然エネルギー財団の『再生可能エネルギーの視点みた水素』の要旨の前半部分読んで、下の質問お答え下さい https://www renewable ei org/pdfdownload/activities/201912_IRENA_Hydrogen_JP pdf

『? クリーン水素の気運の高まり、政治?ビジネスの両面で過去例見ないのなっており、世界 各国で政策やプロジェクトの数急増ている 今後数十年でエネルギーシステムおける高い水 素シェア確保するため、取り組みのさらなる加速非常重要なる
? 近年の水素の成長ついて、2つのトレンド寄与ている 再生可能エネルギー由来の水素供給 コスト低下続けているこ、そて、温室効果ガス排出削減の緊急性高まり、多くの国自国 経済、りわけエネルギー需給の脱炭素化図るべく措置講じじめたこである 水素巡る議 論 20 年で進化、用途自動車産業、脱炭素化困難なエネルギー集約型産業、ト ラック、航空、輸送、加熱いったセクターへ焦点移行ている
? 低炭素でクリーンな水素の供給確保不可欠である 現在将来かけての供給オプション て、化石燃料ベースの水素製造(グレー水素)、二酸化炭素回収?利用?貯留(CCUS)組み合わ せた化石燃料ベースの水素製造(ブルー水素)、そて、再生可能エネルギー由来の水素(グリーン 水素)ある
? 再生可能エネルギー電力(以下、再エネ電力)製造されるグリーン水素、今後数年間で急成長 見込まれる 現在進行中?計画中の多くのプロジェクト傾向示ている 再エネ電力 製造される水素、現時点で技術的実現可能であり、経済競争力急速獲得つつある 再エネ 電力のコスト低下、そて変動性再生可能エネルギー電源のシェア増加伴うシステム統合の課題 よって、グリーン水素供給オプションへの関心高まっている 焦点なるの、エレクトロライ ザー(電解よる水素製造装置)の導入、学習曲線よるコスト低減、そてサプライチェーンロジ スティクスである ついて資金調達なければならない 政策立案者、水素ベース のセクターカップリング促進向けて、法的枠組みいかて創出するか検討すべきである
? 水素再生可能エネルギーの間、重要な相乗効果存在する 水素、再エネ電力市場の成長 ポテンシャル大きく引き上げ、再生可能エネルギーよるソリューションの適用範囲(たえば 産業部門おいて)拡大する可能性ある 、エレクトロライザー、需要側の柔軟性強化で きる 一例て、オランダやドイツな欧州諸国で、エンドユースセクターおいて将来的な 電化の限界直面ている、水素で克服できる 水素季節間のエネルギー貯蔵活 用可能である 低コストな水素、こうた相乗効果実現する上での前提条件なる
? 技術の進展伴い、エレクトロライザーメガワット(MW)規模ギガワット(GW)規模へ 急速スケールアップている 技術の進展段階的なのであり、極端なブレークスルー期待で きない エレクトロライザーのコスト 2040~2050 年今日の 840 USD/キロワット(kW) 半減、同時再エネ電力のコスト低下続ける予想される 再エネ水素近いうち、未 開拓の多くの用途って最安価でクリーンな水素供給オプションなるであろう
? ブルー水素いくつか魅力的な特徴ある、本質的カーボンフリーでない CCUS化石燃 料の組み合わせ、CO2 の未回収分、貯留た CO2 保たれているこ定量化するためのモニ タリング検証、そて認証必要なる ような透明性、水素いうコモディティの国際的な取引不可欠である 』

① 『再生可能エネルギー由来の水素供給コスト低下続けている』事、本当か

② 『再生可能エネルギー電力(以下、再エネ電力)製造されるグリーン水素、今後数年間で急成長見込まれる 』事で、いかなる便益たら

③ 『水素再生可能エネルギーの間、重要な相乗効果存在する』、どういう事か

④ 『水素季節間のエネルギー貯蔵活用可能である』事、再生可能エネルギーの発電電力水素て貯めておく事出来るのね

⑤ 『再エネ水素近いうち、未開拓の多くの用途って最安価でクリーンな水素供給オプションなるであろう』、水素以外エネルギー必要無くなる事か 「水素エネルギー」は何がどのようにすごいのか。水素は。電気を使って水から取り出すことができるのはもちろん。石油や天然
ガスなどの化石燃料。メタノールや第一に。さまざまな資源からつくることが
できるということは。多様なエネルギー資源の利用が可能になるということです
。海外の未利用エネルギーや豊富な再生可能エネルギー再エネなど。安価
な資源から水素をつくり。代替エネルギーさらに。再エネを使って水素を
つくることができれば。製造から使用までトータルでを排出しない「

水素と水素活用技術に訪れる好機。世界経済の脱炭素化に向け。グリーン水素を利用する上で電解装置は重要な役割
を果たすだろう。と述べるのは。マッコーリー?に組み込むために必要な
ソフトウェアを開発する力のある事業者に。新たな事業機会をもたらすことと
なる。国際再生可能エネルギー機関の調査によると。太陽光発電
モジュールの生産コストは過去年間で%低下した。これらプロジェクトの
投資家にとって現在の悩みどころは。投資へのリターンを高めるために必要と
なるであろうNo。前編「 水素の真実と普及の意義前編 なぜ水素は再生可能エネルギー
拡大において必然なのか~欧州を例にでは。再生可能エネルギーの大量導入
では水素が必然となること。そしてそのような動きが欧州。特にドイツを中心に
起きてきてそのために系統電力を水素化する制度を策定し。合計~ の水
電解装置を設置する。ここで製造されるを全く排出しないクリーンな水素
は。年間トン。以下のいくつかの例を見れば。その本気度がわかるであ
ろう。

① 再生可能エネルギーの発電コストの急低下に、その発電電力によって水を電気分解して製造しても、安く上がる様に成ったために、再生可能エネルギー由来の水素製造コストが低下しており、安く供給する事が可能に成って来たと言えるのであります。② グリーン水素の今後の数年間での急成長は、燃料電池自動車水素自動車の本格的普及、燃料電池バス一部で運行中、燃料電池列車、燃料電池船等々の乗物で脱炭素化を進められる便益があり、正にこれぞ水素社会の実現なのであります。③ 再生可能エネルギーが既存電力会社の送電線に接続拒否され続けており、それを許さずに水素に変換していれば、幾らでも安心してポテンシャルを実現化するので、再生可能エネルギーを存分に活用する事が可能なのであります。④ 水素は季節間のエネルギー貯蔵に有用なのであり、再生可能エネルギー発電電力を例えば冷暖房をしない等で電力需要が少ない春や秋には、これを『液化水素』等として貯蔵して置けば、消費電力の多い夏と冬に使えるのであります。⑤ 基本的には御指摘の通りであり、先程述べた乗物以外にも、水素を活用する事は出来るのであり、各家庭、工場、オフィス、自治体施設等の電力需要の全てを賄えるので、将来的には既存電力会社は必要無く成ると思うのであります。Q1 『再生可能エネルギー由来の水素供給コストが低下し続けている』事は、本当ですか?A1 それは事実ですQ2 『再生可能エネルギー電力以下、再エネ電力から製造されるグリーン水素は、今後数年間で急成長が見込まれる。』事で、いかなる便益をもたらしますか?A2 そもそも「今後数年間で急成長するかどうか」は 確率50%程度で クリアせねばならないハードルは山積みで 筆者は推進するために吹かし過ぎQ3 『水素と再生可能エネルギーとの間には、重要な相乗効果が存在する』とは、どういう事ですか?A3 筆者の言い分では 「再生可能エネルギーのエネルギー保存に水素が 役立つ」という説のようだが 水の電気分解の白金問題への解決策が 何も書いていないので 疑わしいQ4『水素はまた季節間のエネルギー貯蔵にも活用可能である』事は、再生可能エネルギーの発電電力を水素として貯めておく事が出来るのですね?A4 コストを無視すれば可能だが、コストを無視すれば絵にかいた餅 おそらく 治水?揚水兼用ダムのほうが コストが安く 治水に役立つQ5 『再エネ水素は近いうちに、未開拓の多くの用途にとって最も安価でクリーンな水素供給オプションとなるであろう』とは、水素以外にはエネルギーは必要無くなる事ですか?A5 筆者ですら そんなことは言ってません 筆者の言っていることは 「再エネ水素は近いうちに 石油脱硫や 水素化分解 水素製鉄 アンモニア製造などの 水素を食う産業への安価でクリーンな水素供給源になるであろう」というやや根拠の薄い 楽観論ですーーーーーー水素エネルギーの白金問題とは?そのプロパガンダ資料で 水の電気分解のエネルギーロスは16%と書いてあるが、そのような高効率の水の電気分解は白金電極が必要だけど、白金は高価な上 希少で実験室なら可能だが 大規模工業化は 無理ニッケル電極とアルカリ水電気分解なら工業化できるが電気分解でエネルギーロスは30-40% 更に水素を燃料電池で 電気に戻すときエネルギーの60%をロスするから 総合効率は26%で揚水発電の60-70%に圧倒的に劣るしダム作るほうが 電気分解プラント作るより手間がかからないからkwhあたり初期投資も 水素は 揚水や蓄熱に大きく劣る画期的な新技術ができるまでは エネルギー保存は 治水?揚水兼用ダムや 蓄熱で 計画せざるを得ず 水素は 絵に描いた餅で要するに素人を騙して 筋の悪い研究に 研究費を引っ張るための 宣伝資料に見えますね「水素社会」が近づいてきているということですね。 そのためには、まだまだ「自然エネルギー」の大量普及が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website