News & Updates

Home » 子育て » 2012年3月14日 など交付まつわる歴史ご存知の方でき

2012年3月14日 など交付まつわる歴史ご存知の方できれば職員経験のある方のお話是非お聞きたい。昔の市役所での住民票、戸籍の検索や交付ついて

現代住民票や戸籍など、市役所の職員さん(パートさん )パソコンで検索、印刷て請求者交付てくれますよね
ふ思ったの 、昔どうだったのでょうか

市役所窓口パソコン普及始めた頃、パソコン導入前、っ前 など、交付まつわる歴史ご存知の方、できれば職員経験のある方のお話是非お聞きたい
(職員時代の苦労話歓迎ます 地域かボカたらって全然大丈夫)

どうぞ宜くお願い致ます 。防犯カメラの効果。検証をされているということですが。検証後の増設などの
考えはあるのか。市の考えをお伺いいたします。これを受けまして。市のほう
から同年の2月日付で市川警察署長あてに進達しているところでございます。
これについても幾つか聞きたいところがありますけれども。再質問として1つ
絞ってさせていただきます。これらの調査結果をもとに。庁内関係課職員で
構成する市川市自殺対策庁内推進会議や学識経験者等で構成する市川市

自殺。だが。事故から1カ月後の2011年4月11日。原発の北西約30~50キロ
にある飯舘村が避難指示区域に指定福島県南相馬市の市立中学2年の女子生徒
14が今月11日。自宅で自殺していたことが市教育委員会などへの取材で
わかった。しかも。具体的な殺害方法まで提案した上で。「はよ。殺さんかい
」とくどいくらいに催促してきたという。にわかには信じがたい話かもしれ
ないが。告発した警備会社社長らはこの事実を認めた関西電力幹部との会話を
おさめた京都市右京区役所:藤田区長の部屋平成22年度。また今年は。東北太平洋沖地震で犠牲になられた方を哀悼する内容も読経の中に
加えられたとお聞きしました。門川市長も駆けつけて下さり。約年
にわたって右京区に住んで子育ても経験された思い出なども披露。前京都嵯峨
芸術大学理事長の坂口博翁さんからは。平安京時代以前にも遡る右京の歴史
についてお話があり。是非。まとめてもっとお聴きしたい既にポスター等で
ご存知とは思いますが。京都市少年合唱団のオープニングで幕を開け。前京都
大学総長の尾池和夫

平成24年第4回阿賀野市議会定例会会議録。現下の経済情勢は。デフレ環境の中。欧州に端を発した金融危機の再燃。
アメリカ経済の先行き不安などから株安。円高といずれにしても。市民の期待
と信頼にこたえる職員であるよう。これからも努めてまいる所存でございます。
選挙管理委員並びに補充員ともに選挙の方法については地方自治法第条第
2項の規定により指名推選にしたいと思います。〇番山崎正春君 石川
議員と関連はあるのですが。市長にお伺いしますが。いわゆる今回非常に補正
について農業

① 住民票については、昭和27年から制度ができました。住民票原本は手書きまたは和文タイプライターで、世帯単位で住民票を作ります。 ア 世帯主見出し。 世帯主氏名で見出しを作り、住所?同一市区町村転居?転出?世帯主変更の履歴を記載していました。 イ 現役の住民票。 現役の住民票原本は、住所の町名?地番または住居表示順、さらに世帯主氏名順につづり、町名ごとに簿冊が作られました。 ウ 除住民票。 市区町村外転出または全員消除により、除票となった住民票は、除住民票の年度ごとの簿冊に、住所?地番順と世帯主氏名順につづられました。五年経過後は廃棄されます。② 戸籍正本も手書きまたは和文タイプライターにより編製されます。 エ 筆頭者見出し。 また、筆頭者見出しが作られ、筆頭者の氏の最初の読みと名の最初の読み加藤一郎ならカーイ別に、本籍の町名?地番または街区符号、編製年月日が記載されました。 同一市区町村内の転籍や町名変更があると転籍または変更後の本籍の町名?地番が記載されました。 市区町村外への転籍または全員除籍により消除された戸籍については、筆頭者見出しに、消除年月日や除籍簿の簿冊番号と頁数が記載されました。 オ 現役の戸籍正本。 現役の戸籍正本は、町名ごとに簿冊を作り、本籍の町名?地番順と筆頭者氏名順につづられました。 カ 除籍正本。 他の市区町村への管外転籍や全員除籍により消除された除籍正本は、消除年月日順に年度別が除籍簿につづられます。除籍正本の保存期間は当時80年間で経過後は廃棄されました。 先の筆頭者見出しの消除年月日と簿冊番号と頁数を頼りに除籍正本を探すことになります。 キ 改製原戸籍正本。 法律や制度が変わり戸籍を作り直すことを改製と言います。昭和30年代の昭和改製や以前の改製の元になった改製原戸籍正本は、それぞれの改製別に、本籍の町名?地番と筆頭者氏名順につづり簿冊とされていました。 改製原戸籍正本の保存期間は50年でした。③ 戸籍除籍?改製原戸籍謄本?抄本、住民票の写しの交付については、当初は手書きでした。原本や正本から手書きで書き写して交付されていました。 その後、感光紙を利用した複写による住民票の写しや戸籍謄本?抄本等の交付、普通紙を使用した作成になりました。明治中期以後のことは皆さんが書いているので、私は一番最初期のことを書きましょう。正本の簿冊は屋敷番号順で整理されていました。〇〇県〇〇郡〇〇村外〇ケ村戸長役場が管理しています。管理者はただの名誉職。少数の雇員が事務を担当。対象者はせいぜい数百戸なのでそれで充分。土地の管理は租税にかかわることなので厳重に地番+所有者で整理されていましたが、戸籍の方は個別についた〇〇番屋敷という表記です。これを担当者が筆で書き写し、責任者が朱印を押して証明、という流れ。昔は青刷りでしたねえ笑。戸籍ですが、現在の電算化される前は、紙の戸籍があり、それをコピーしてあるいは青刷り、そこに役所が証明印を押してました。役所は、昔も今も台帳搭載制度です。PCの端末を触っているのは戸棚の場所を検索しているだけです。昔は完全に手作業で五十音順で並べている書庫から台帳を出してそこから内容を手書きで書き写していました。因みに役所の窓口にパートは居ません。全て公務員です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Name *
Email *
Website